プロダクト

繊細な天描画に添えられた目には見えない物語

この商品について

 沖縄の神人(かみんちゅ)であった祖母から語り継がれたメッセージを、点描という技法を使ったアートで表現している天描画家の大城清太さん。その独特の世界観と繊細なタッチは、不思議と見る者の心を揺り動かす。「SHORT STORIES」は、そんな清太さんの天描画と、作品を生み出すインスピレーションの源となった天からの言葉を、いつでも手元に置いておくことができる複製原画カードだ。

 例えば、「源龍(げんりゅう)」という作品に添えられているのは「無理はしなくてもいいよ。自然のままに生きなさい」という言葉。
 すべての天描画にはストーリーがあり、そこには幼いころに祖母から伝えられた沖縄の自然界からのメッセージが込められているという。
「ばあちゃんと過ごした時間は、20年以上たった今でも鮮明に覚えているんです。まるでそこにいるかのように自然を司る龍神や女神の話をしてくれたり、人として大切にしなければならないことを子どもにもわかりやすく教えてくれたり。うちのばあちゃんに限らず、昔の沖縄の人達は皆、自然とともに生きる感性と智慧を持っていたと思います」と清太さん。今でも作品作りは「ばあちゃんとのコラボ。コンセプトはばあちゃんで、僕はそれを表現する技術を見つけた。だから自分自身はアーティストというよりも、メッセンジャーやインタープリターのような役割だと思っているんです」。

 今年4月に東京・銀座で開催した個展では、作品を見て涙する人の多さに驚いたという。「“天”という字は“自分と自然”を表わしている、神とは自然、そして人と自然は心でつながっていると、ばあちゃんに教わりました。人はたくさんの自然とつながって、常に守られながら生かされている。僕の作品を通じて人や自然とのつながりを感じてもらえたら嬉しいです」

メイン写真 : 作品名は「源龍」。A5サイズの複製原画に、インスピレーションの源となった祖母の言葉と物語が添えられている。3,000円
写真1 : すべての作品に共通するテーマは「いのちと自然」。SHORT STORIESシリーズとして、これから定期的に発売する予定
写真2 : 印刷技法と紙質にこだわった複製原画、ART PIECEシリーズ。繊細さと温もりを感じる
写真3 : 天描画家の大城清太さん。「天から授かったメッセージを紙に落としていくのが自分の役割」
写真4 : 0.1ミリの小さな点から壮大な世界観が生まれる
写真5 : 集中力を要するため、制作は朝の早い時間に行われることが多い

文=原田ゆふ子
ディレクション=momoto編集部

ここがフラッグシップ!

スピリチュアルブームの昨今、沖縄の精神文化を未来につなぐことのできるアート作品を、手に取りやすい形で商品化した点に、大きな可能性が感じられる

SHORT STORIES - OFFICE 天描

大城 清太(おおしろ・きよた)
1973年糸満市生まれ。高校卒業後ハワイに留学し、独学で「点描」を始める。'96年沖縄県立芸術大学工芸学科デザイン専攻に入学。卒業後、デザイナー・ブランドプロデューサーを経て、天描画家としての活動を開始。2010年4月には東京での個展を成功させた。

商品についてのお問い合わせ

OFFICE 天描
住所:糸満市字武富343-2
電話:080-6491-8546
URL:http://kiyota.ti-da.net/

※取扱商品の在庫につきましては上記までお問い合わせください。

沖縄ウェディング

ビーチパーティー

Flagship OKINAWA Channel

実際の商品を手に取れるショップ