絶対的NG!!ワインに合わない食べ物

絶対的NG!!ワインに合わない食べ物

ワインに合わないおつまみ【一覧】

意外と知らない、ワインに合わない食べ物を紹介してみよう。

ワインはいろんな料理や食材と合うけど、合わないものと無理に一緒に口にすると、両方が台無しになってしまうので要注意。
ここでワインと相性の良くないものを知って、マリアージュの失敗を防いでみよう。

煮物

洋風の煮物であればワインとも合わせられるが、和風の煮物はちょっと合わないかも。
特に砂糖やみりんをしっかりと使うタイプで、野菜がメインの煮物は、ワインと合わせるのが難しい。

デザートワインを選んでも、両方とも甘みが強すぎて逆にしつこくなりがち。
さっぱり系のワインは、そもそもさっぱりとした料理との相性が良いので、これもNG。

ダシを効かせた煮物やお肉がメインの料理ならワインとのマリアージュも考えられるが、煮付けなどに関しては日本酒や焼酎の方が合うだろう。

きゅうり

きゅうりは、ちょっと青臭さを感じてしまう食材だよね。
こういう食べ物は、そのままではワインと合わせるのが難しいかも。

淡白な味だから白ワインと合うかといえば、やはり青臭さが邪魔をしてワインもダメにしかねない。
きゅうりにはハーブのような爽やかさはないから、白ワインやシャンパンと合わせるのは無理がありそうだ。
赤ワインは、もっと合わないね。
濃厚な味付けでないと赤ワインとの相性はNG。

薄切りにしたきゅうりが他の野菜などと一緒に入れられているサラダなどなら、白ワインと合わせることができる。

明太子

日本人にとっては馴染みのある明太子だけど、単体だとやはり生臭さがあるため、ワインとの相性は良いとは言えないね。

辛子明太子は唐辛子の辛味が強いので、白ワインとの相性はNG。
赤ワインも、唐辛子のような辛味とマッチする飲み物ではないので、これもNGかな。

単体では難しいが、パスタなどに入れればスパークリングワインと合わせられるかも。
オリーブオイルや大葉などもしっかりと加えた明太子パスタを作って、ワインと一緒に食してみよう。
ただし、調理しても相性抜群とはならないので、そのことを頭に入れた上でトライしてみよう。

数の子

数の子も明太子と同じ魚卵。
ニシンの卵だけど、これもワインと合わせるのが難しい食材だね。

数の子は塩気が強いので酸味の強い白ワインと合うかと思いきや、相性はかなり悪いから気をつけよう。
やはり魚卵特有の生臭さとワインは合わないようだ。

プチプチと弾ける食感はスパークリングワインと合うのではないかと思う人もいるかもしれないけど、これも相性は良くない。
赤ワインはさらに相性が悪いので、同時に口にするのはおすすめできないよ。

まとめ

「絶対に合わない」と言われると、やってみたくなるのが人間というもの。
しかし、ここで挙げた煮物や煮付け、きゅうり、明太子や数の子などは、本当にワインとは合わないので要注意だ。

どの食べ物や料理、食材も、調理や味付け次第では、なんとかワインと合わせることもできるかもしれない。
ただ、無理をすることはないだろう。

ワインに合わない食べ物の特徴として挙げられるのは、とにかく生臭いこと。
魚卵は総じてワインと相性が悪い。
生臭さが、その原因だね。

また、食べ物とワインとのマリアージュは、使われている調味料も大きく関係している。
砂糖やみりんなどを多めに使う日本風の煮付けなどは、やはりワインには合わせるのが難しい。
辛子明太子に使われる唐辛子などの香辛料も、あまり強すぎるとワインと合わせるのが難しくなる。

とはいえ一度試して経験してみて、マリアージュの本質を知るのはアリ。
ワインと相性の良い食べ物を自分で探していけば、さらにワインの面白さに気付けるはずだ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!