プロダクト

母なる海のミネラル成分そのままの「命を育む塩」

この商品について

「母なる海には生物に必要なすべてのミネラル成分が含まれています。生命にとって一番大切なのはそのミネラルバランス。海水は赤ちゃんが育つ羊水と同じなんですよ」と、「ぬちまーす」の高安正勝さんは言う。だからこそ、そのバランスのまま結晶化すれば、それは「命を育む塩」になる。

 物理学を専門とする高安さんは、「海水のミネラルバランスそのままに結晶化する」原理を思いついた。濃縮ろ過した海水を細かい霧状にして温風を当てると、海水から水分だけが蒸発し、海水に含まれるすべての海洋ミネラル成分が空中で瞬間的に結晶化し、雪のように降り積もるというわけだ。海水そのままの塩のでき上がり。

「ぬちまーす」とは沖縄の言葉で「命(ぬち)の塩(まーす)」。高安さんにとって、自社の塩の名前はこれ以外に考えられなかった。

 食塩、煮釜塩、天日塩、岩塩など従来の製塩法では、製塩の過程でミネラルが失われ、塩分の純度が高くなってしまう。一方、高安さんの発想した常温瞬間空中結晶製塩法で作られた「ぬちまーす」は一般的な食塩より塩分が約25%低く、その他のミネラルは21種類も検出された。骨や歯を作るマグネシウムは食塩の約250倍も含まれる。高血圧には塩分を控えるべきだが、「ぬちまーす」はカリウムの含有量が他の塩とは比べものにならないほど多く、血液中の余分な塩分を排出してくれる作用もある。

 さらに、塩そのものに旨みがあり、料理に上品で深い味わいを与えてくれる。老舗の日本料理店など食のプロにも認められるなど、引き合いも多い。

 調味料としての塩の概念を覆し、健康なカラダを維持するためのミネラル海塩「ぬちまーす」は私達の暮らしに無くてはならないものになるだろう。

メイン写真 : パウダーのようなミネラル海塩「ぬちまーす」。健康へのこだわりから生まれた逸品
写真1 : 高安正勝社長のずば抜けた発想力は世界基準。ヨーロッパやアジアにも販路を広げる
写真2 : 乾燥が終了した塩は手間と時間をかけて、不純物の混入などを厳しく検品する
写真3 : 結晶化したばかりの塩の粒はまだ粗く、フワフワの雪のよう。手作業で回収され、さらにじっくり乾燥させるとサラサラに
写真4 : 製塩室や検品室など製塩工場の見学もできる
写真5 : 宮城島の太平洋側から海水を毎日20t汲み上げる。宮城島沖は農業、工業、生活廃水の汚染が少なく、黒潮の流れにのって常にきれいな海水が送り込まれてくる
写真6 : 沖縄本島と海中道路で結ばれた宮城島の高台に建つ「観光製塩ファクトリー ぬちうなー」
写真7 : ショップには「ぬちまーす」を使用した「ぬち味噌」500g1,050円、「ぬちまーす醤油」200ml1,050円をはじめ、他メーカーとコラボした商品を販売
写真8 : ショップ限定の「ぬちまーす入りホームメードクッキー」は大人気
写真9 : 「ぬちまーす」250g1,050円、111g525円、「ぬちまーす クッキングボトル」150g1,050円、「ぬちまーす マイソルト」30g450円。炊飯時やつけ塩、かけ塩に使うと、料理がさらにおいしく、水に溶かせばミネラルドリンクに、さらにはマッサージにも

文=西野美和子
写真=青塚博太
ディレクション=momoto編集部

ここがフラッグシップ!

特許を取得した世界唯一の製塩法で生まれる、世界が品質を認めた塩

ぬちまーす

株式会社ぬちまーす
常温瞬間空中結晶製塩法は日本やアメリカなど世界13カ国で特許を取得。「ぬちまーす」は2000年にミネラル含有種類世界一ギネスブック認定、'03年に中小企業庁長官激励賞受賞、'07年にモンドセレクション最高金賞受賞、'09年に文部科学大臣表彰 科学技術賞受賞(「従来の常識を覆す理想の海塩製法の開発」)、2009年に経済産業省ものづくり日本大賞優秀賞受賞、2010年にモンドセレクション最高金賞受賞。

商品についてのお問い合わせ

株式会社ぬちまーす
住所:うるま市与那城宮城2768
電話:0120-70-1275
営業時間:「観光製塩ファクトリー ぬちうなー」製塩工場・ショップ9時〜17時30分、レストラン11時〜17時30分
定休日:無休
URL:http://www.nutima-su.jp
e-mail:info@nutima-su.jp

※取扱商品の在庫につきましては上記までお問い合わせください。

沖縄ウェディング

ビーチパーティー

Flagship OKINAWA Channel

実際の商品を手に取れるショップ