プロダクト

35(サンゴ)にこだわった沖縄限定のサンゴ焙煎コーヒー

この商品について

「35」という数字がデザインされたシンプルなパッケージが目をひく「35COFFEE」。キーワードはもちろん「35」=「サンゴ」。オリジナルのサンゴローストコーヒーが生み出されるきっかけとなったのは、大型観光施設内にある直営店で、観光客やダイバーから「沖縄の海はだんだん汚れていくね」という声を頻繁に聞くようになったことから。

「気になって調べてみたら、沖縄のサンゴ礁が壊滅的な状態であることを知りました」というSOOEIDO(株)代表取締役社長の大城宗貞さん。「沖縄の企業として何かできることはないか?」という想いからサンゴの再生活動を支援する「35プロジェクト」を立ち上げ、風化サンゴを利用したオリジナル商品の開発に取り組んだ。

 石焼焙煎の要領で風化サンゴを熱してコーヒー豆を焙煎するというアイディアは、スタッフ達とのたわいのない会話から生まれた。実際に試してみると、通常のコーヒーよりも「まろやかで美味しい」、「朝のコーヒーにぴったり」なオリジナルコーヒーが誕生。さらに、コーヒーの雑味となるシルバースキンを特殊製法で除去して「あっさりクリアな味わい」も実現させた。

「35COFFEE」をはじめとする「35プロジェクト」の商品は、その売り上げの3.5%をサンゴの再生活動に活用している。大城社長の想いとプロジェクトの主旨は、観光客のみならず沖縄県内の企業にも伝わり、地元・南部エリアの老舗企業とのユニークなコラボレーションによって、「35」ブランドのちんすこうやリキュールが誕生するなど、島の未来を見据えた「35プロジェクト」がじわじわと広がりを見せている。

メイン写真 : 「35COFFEE」サンゴロースト・アイランドブレンド。200g入り1,050円、440g入り2,100円
写真1 : 「ミディアムロースト」はブラックコーヒーや朝の1杯におすすめ。「ハードロースト」はカフェオレやアイスコーヒーにおすすめ
写真2 : 豆はブラジル、コロンビア、インドネシア産のオリジナルブレンド。サンゴの熱でじっくりと焼き上げるため焼きむらがなく、豆本来の美味しさが引き出される
写真3 : おきなわワールド内にある直営店「SOOEIDO 35 Cafe」では、スタッフによるテイスティングサービスも実施中
写真4 : SOOEIDO(株)代表取締役社長の大城宗貞さん。「1杯のコーヒーのような何気ないライフスタイルを、沖縄のサンゴの再生活動につなげたい」
写真5 : 新垣菓子店とのコラボレーションによる「35CHINSUKO」(コーヒーちんすこう)、南都酒造所とのコラボレーションによる「35liqueur」(コーヒー泡盛)、発売1周年記念のエコエイドライブを収録したオリジナルCDなど、「35プロジェクト」の商品は続々リリース中
写真6 : 200度以上に温めた風化サンゴの上でじっくりと生豆を焼き上げ、まろやかな味わいを引き出すサンゴ焙煎製法
写真7 : 売り上げの3.5%を利用して八重瀬町玻名城の海にベビーサンゴの植え付けを行っている。発売から約1年半で170本のベビーサンゴを植えることができた

文=原田ゆふ子
ディレクション=momoto編集部

ここがフラッグシップ!

「沖縄のサンゴを守る」という明確な理念で共感を呼び、異業他社との斬新なコラボレーションによって着実に商品のブランド力、社会貢献力を上げている。今後のビジネス展開に期待大

35COFFEE  サンゴロースト・アイランドブレンド - 35COFFE

35COFFEE(スリーファイブコーヒー)
ウコンなどの健康茶やハーブティーを製造・販売する宗英道(株)の2代目社長である大城宗貞氏が、沖縄のサンゴの再生を目的とした「35プロジェクト」を2009年に立ち上げ、同年3月5日に「35COFFEE」を発売。「35COFFEE」は、おきなわワールド内の直営店の他、プロジェクトの主旨に賛同した県内ホテル、カフェなどでも購入できる。

商品についてのお問い合わせ

SOOEIDO(株)
住所:八重瀬町玻名城1123-1 ヤエセヒルズ103
電話:0120-70-8930
URL:http://www.35coffee.com/

※取扱商品の在庫につきましては上記までお問い合わせください。

沖縄ウェディング

ビーチパーティー

Flagship OKINAWA Channel

実際の商品を手に取れるショップ