プロダクト

サンゴから生まれた布がドレスの可能性を広げる

この商品について

 紅型染めモチーフを使った独特の表現で知られる沖縄の服飾ブランド、YOKANG。Tシャツやスニーカーなどのカジュアルなアイテムから、1点もののドレスまで、ラインナップは幅広い。YOKANGで最近特に注目されているのが、ブライダルドレスだ。デザイナーの山内カンナさんはこう語る。

「沖縄の素材を使って、沖縄らしさを表現したいと思っています。沖縄にはいい素材がたくさんある。沖縄にあるもので、生地、素材から作ることにも挑戦したい」
 その一つが、サンゴ生地の開発だ。コーラルバイオテック株式会社とのコラボレーションで、風化造礁サンゴをレーヨンと結びつけ、独特の風合いを持つ布が生まれた。この新素材と出合ったことで、YOKANGのブライダルが進展しているという。
「このドレスに興味を持った人に、『実は生地から沖縄生まれなんですよ』と説明するのも楽しいでしょう。生地から完成品までの全工程を沖縄でできたらいいですよね。YOKANGは紅型から始まったけど、私は洋服で沖縄を話したい。素材を語れるものを作りたいと考えています」

 YOKANGの原点は紅型。人の手による染めを貫いてきた。機械で染めれば大量生産も可能だが、YOKANGのクオリティは、手作業でなくては出せないとカンナさんは語る。
「湿度や蒸し時間などを考慮して、どんな繊維にも対応できるのが手作業の奥深さ。機械には通せないモノ、あり得ない素材にも、どんどん色をのせたいし、そういう素材づくりからやってみたい。昔から、沖縄には、女も働く習慣がありました。男も女も、夢を追いかけていいんだよ、という考え方がある。これが、モノづくりや、新しいモノを生み出す土壌になっていると思います」

メイン写真 : YOKANGの新機軸、ブライダルドレス。サンゴを使った白い生地が、さまざまなインスピレーションを与えてくれた
写真1 : 沖縄生まれの染めにこだわる。沖縄県産の新しい生地もできた。伝統工芸から生まれた潮流が、「今の沖縄」を表現する
写真2 : デザイナー山内カンナさん。他のアーティストやクリエイターとのコラボレーションに積極的に取り組む
写真3 : 工房には、YOKANGならではの巨大型紙がズラリ。1点ずつ手作業で丹念に染め上げていく
写真4 : サンゴがレーヨンと結びついて生まれた、新しい素材。独特の風合いに、紅型が彩りを添える
写真5 : 開発されたばかりのサンゴファイバー和紙。今後は、この新素材を使ってさらに新しい表現を目指したいとか

文=いのうえちず
写真=武安弘毅
ディレクション=momoto編集部

ここがフラッグシップ!

沖縄のファッションシーンをリードするYOKANG。紅型染めを基本に、新しい技法も柔軟に取り入れ、常に新しい表現を創っている

サンゴ布の紅型ブライダルドレス - YOKANG

YOKANG
田中洋・山内カンナ夫妻が2000年に立ち上げたブランド。洋さんはテキスタイルデザインと染めを、カンナさんはデザインを担当する。沖縄県内だけでなく、国内、海外にも活躍の場を広げている。現在、全国60店舗で取り扱われている。'10年10月、初の直営店とブライダルサロンが那覇市内にオープン予定。

商品についてのお問い合わせ

YOKANG/株式会社マドンナ
住所:那覇市古波蔵2-9-2-1F
電話:098-831-5674
営業時間:10時〜19時
URL:http://www.yokang.jp/

※取扱商品の在庫につきましては上記までお問い合わせください。

沖縄ウェディング

ビーチパーティー

Flagship OKINAWA Channel

実際の商品を手に取れるショップ