プロダクト

和テイストの中に琉球モチーフが効いたTシャツブランド

この商品について

 和柄をベースに、琉球・沖縄のモチーフを取り入れたデザインのTシャツブランド「南天」。その中でも、特に高い支持率を誇るのが「舞唐草(まいからくさ)」で、2007年の発売開始以来コンスタントに売れ続けているとか。
 舞唐草でパッと目をひく蝶柄は、鱗翅目(りんしもく:蝶や蛾の仲間)で、世界最大級のヨナグニサン。沖縄県の天然記念物だ。このTシャツをデザインした仲宗根真実さんは、モチーフ選びについてこう語る。
「南天のモチーフは、紅型や古典柄というオーソドックスなものから探します。なるべく他のブランドにはないモノを心がけているんですよ」
 舞唐草で用いられているのは、抜染(ばっせん)という手法。ボディとなるTシャツの生地の色を抜いた上に、蝶の色をのせている。
「舞唐草は、薄いプリントのハシリのような商品でした。Tシャツの世界にも流行があります。ここ2、3年は柔らかくて薄いプリントが好まれていて、ボディも薄手で全体的に軽くて着やすい傾向になっています。分厚いTシャツにベタっとしたプリントは少数派です。肩を中心としたプリントの位置も、どちらかといえば挑戦的。デザインをしてから、実際に商品化されるまでに、多少時間がかかりましたね」
 商品として売り出している以上、常に売れ筋や数字を意識し、作り手の自己満足で終わらないように製品化するのがデザイナーに与えられた命題。イラストとは異なり、デザインは「Tシャツ上での表現」であることを念頭に置かねばならない。仲宗根さんは、いったん手描きで描いたものをパソコンに取り込み、加工していく。チーフデザイナーのQPさんはいう。
「紙とは違って、シルクスクリーンに適した細かさがあります。プリントの位置も意識しますよ。肩や脇腹のあたりなど、前身頃と後ろ見頃にまたがる位置は、柄合わせの必要性がある分、難易度も高くなる。製品化に当たっては、工場と相談しながら技術的な制約の中で"できる""できない"を判断するんです」
 自社工場だからこそ、製造コストを強く意識しない表現が可能になることもあるとか。カジュアル系、クールでハードなデザインなど、さまざまなラインナップがあるT-SHIRT-YA.COM。他のブランドはトレンドの移り変わりが明確であるのに対し、南天は舞唐草をはじめとするロングセラーが多いのが特長だという。
「沖縄という支柱があるので、意味も、コンセプトもわかりやすくなる。だから長続きするし、飽きずにショップに置けるのかな、と思います」
 と仲宗根さん。チーフのQPさんは、
「沖縄モチーフを取り入れるということは、デザインの上では大変な部分もあります。でも、ここがブレたら崩れていくだろうと思うんです」
 と語る。沖縄ブームに乗っただけの商品は、いつか売れなくなっていく。だが、流行に左右されない、普遍性のあるデザインは愛され続ける。南天にロングセラーが多いという理由も、その辺りにありそうだ。

メイン写真 : 発売後3年を経ても売れ続けている南天の「舞唐草」。ファストファッション全盛の現在、使い捨てにならないデザインはむしろ貴重
写真1 : Tシャツは自社工場で、手作業で1枚1枚丁寧にプリントしている。少しでも不備のあるワケあり商品は流通させない主義
写真2 : これまでに作った商品は、すべて版を保存している
写真3 : カラフルな顔料や染料。デザインによってプリントの手法はもちろん、インクの素材も吟味するとか
写真4 : 「舞唐草」をデザインした仲宗根真実さん(右)と、チーフデザイナーのQPさん
写真5 : 手描きとPCの合わせワザでデザインを起こしていく。デザイナーの感性が、古典柄にも新鮮な表情を吹き込む
写真6 : T-SHRT-YA.COM国際通り店の店内。この他、北谷店も。また、ネットショッピングも可能

文=いのうえちず
写真=武安弘毅
ディレクション=momoto編集部

ここがフラッグシップ!

琉球古典柄や沖縄の生き物などをモチーフとして取り入れ、全商品から沖縄を発信している。デザイン表現とプリント技法、実用衣類としてのクオリティにもこだわりが

南天/T-SHIRT-YA.COM
2000年9月にオリジナルTシャツを扱うウェブショップとしてオープンしたT-SHIRT-YA.COM。オリジナルブランドの一つである南天は2003年11月に誕生した。常時約40点あるデザインのうち、定番となっているのは約20点。2005年3月にリアルショップ第1号店である国際通り店オープン。2010年7月に県内2号店である北谷店を、デポアイランド内にオープン。

商品についてのお問い合わせ

T-SHIRT-YA.COM
電話:0120-536-410
URL:http://www.t-shirt-ya.com/
e-mail:info@t-shirt-ya.com

※取扱商品の在庫につきましては上記までお問い合わせください。

沖縄ウェディング

ビーチパーティー

Flagship OKINAWA Channel

実際の商品を手に取れるショップ