素材

月桃

 沖縄でサンニンと呼ばれる月桃は、九州南部からインドにかけて分布するショウガ科の多年生草木。防虫・防カビ・抗菌などの作用があるといわれ、清涼感のある香りが特徴的。大きな葉は、ムーチー(鬼餅)と呼ばれる餅を包む皮として使用され、昔から沖縄の人々の暮らしの中に根づいています。

 花と茎、葉を蒸留し、できた蒸留水を分離させてできる精油は、生の葉100キロに対して、たったの20cc〜多くて30ccほどだとか。そのため市場では、ローズと並んで高値で取り引きされています。石けんや化粧品の原料になったりしています。

 茎をほぐした繊維は綿と混紡した糸や生地に加工されています。通気性・吸水性に優れていることから「かりゆしウエア」などのナチュラル素材として注目されています。

月桃

沖縄ウェディング

ビーチパーティー

Flagship OKINAWA Channel

実際の商品を手に取れるショップ